新技術を取り入れ最先端を走り続ける。フレデリック・コンスタントのスマートウォッチ紹介

時計の本場スイスで、従来の発想にとらわれず高品質のハイブリッドスマートウォッチを発売している企業があります。それがフレデリック・コンスタントです。スマートウォッチの繁栄にいち早く着目し、ウィジングスとほぼ同時期の2015年にハイブリッドスマートウォッチを発売。現在も新製品を開発中です。今回はそんなフレデリック・コンスタントのスマートウォッチを紹介します。

フレデリック・コンスタントの概要

フレデリック・コンスタントはスイスの時計産業の中ではかなりの新鋭となります。創業は1988年。高価なスイス時計の中では比較的安めの機械式時計を発売しており、その価格とクオリティから人気を博しています。デザインにも定評があり、文字盤に小窓を設けムーブメントを見えるようにしたのは、フレデリック・コンスタントが発祥です。

フレデリック・コンスタントの強みは技術力です。フレデリック・コンスタントは時計の核であるムーブメントを自社開発しています。そのため、外部のムーブメントを使用する企業と比べ、開発時の柔軟性が高く独創的な製品を作りやすい環境が整っていると言えるでしょう。

他の特徴的な製品として、今回紹介するハイブリッドスマートウォッチがあります。フレデリック・コンスタントはスマートウォッチにいち早く着目し、MMT という企業と連携。アップルウォッチとほぼ同時の2015年に「オロロジカル スマートウォッチ」を発表しました。その後も開発を続け、2018年には機械式でありながらスマートウォッチとしての機能も併せ持つ「クラシック ハイブリッド マニュファクチュール」を発売しました。

スイス製にこだわりあり。MMTの戦略と製品紹介
スイスのハイブリットスマートウォッチを調べていると、フォッシルグループのように複数企業に技術提供を行っている会社が見つかりました。その名もMMT。今回はMMTとは何者なのか、どんな戦略で売り出しているのか、そしてどんな製品が出ているのか紹介...

製品紹介

オロロジカル スマートウォッチ

製品は先ほど紹介した通り二種類あります。一つ目は、「オロロジカル スマートウォッチ」。2015年に発売された古参のハイブリッドスマートウォッチです。

デザイン

時計メーカーだけに堅実なデザインが揃っています。ターゲットは比較的広く、男性向けから女性向けまで、色やバンドやサイズが様々なモデルが揃っています。文字盤にはサブダイヤルが付いており、日付やアクティビティの達成率などを確認することができます。

機能

次に機能を見ていきます。オロロジカルの機能は以下の通り。

  • コネクテッドムーブメント(クォーツ)
  • 活動・睡眠量計
  • 通知機能(※モデルによっては通知機能なし)
  • ワールドタイマー
  • 防水 (※モデルによって違いあり)

公式 HP を元に作成)

ハイブリッドスマートウォッチの中では比較的シンプルです。ウィジングスの「Steel」と近いかもしれません。本モデルの強みは電池持ちにあります。オロロジカルは2年以上電池を取り換えずに使うことができます。モデルによっては4年以上使えるものもあるのは驚きです。光発電をしないハイブリッドスマートウォッチの中では一番電池持ちが良いかもしれません。

注意すべきは、モデルによって通知機能が付いていないものがある点です。最後の表にまとめておくのでそちらを参考にしてください。

クラシック ハイブリッド マニュファクチュール

二つ目は、機械式時計の機構を備えた初のハイブリッドスマートウォッチです。発売は2018年6月。機械式のハイブリッドスマートウォッチはほぼ同時期に「X-One」というモデルが kickstarter から発表されていますが、こちらは発表後出荷まで時間がかかっていたため、「ハイブリッド マニュファクチュール」が最初に発売された機械式ハイブリッドスマートウォッチとなります。

デザイン

こちらも堅実なデザイン。ダイヤルが三つあります。下のダイヤルは日付、上のダイヤルはストップウォッチやアクティビティの表示に使われます。

機能

ハイブリッド・マニュファクチュールはオロロジカルよりは機能が少な目となっています。

  • 自動巻き & コネクテッドムーブメント(クォーツ)
  • 日付針
  • 活動・睡眠量計
  • ワールドタイマー
  • ウォッチアナリティクス機能
  • 5気圧防水

公式 HP を元に作成)

大きな特徴は、ウォッチアナリティクス機能です。機械のムーブメントは普通の時計以上にデリケートであるため、故障の危険性があります。本モデルは、ムーブメントの精度と振幅、ビートエラー(振動が左右均等か)を毎日自動で測定しています。そして異常があるとスマートフォンに通知してくれるというわけです。一方電池は7日間。さすがにクォーツ式のように長時間連続では使えません。

性能を見ると物足りなく感じるかもしれませんが、この製品の魅力は先ほど述べた通り、「機械式とハイブリッドスマートウォッチの融合」にあります。機械式の時計に興味があり、睡眠やアクティビティの記録をつけたい人にとっては本製品が唯一無二の選択肢になるのではないでしょうか。

E-ストラップ(日本未発売)

日本では発売していないですが、フレデリック・コンスタントは E-ストラップも発売しています。基本的にオロロジカルと同様の機能が入っています。ソニーの wena wrist とよく似ていますが、よりコンパクトなデザインになっています。電池持ちは30日間と、オロロジカルよりは短めです。

製品一覧

オロロジカル スマートウォッチ

オロロジカルには現在三種類のムーブメントが使われており、ムーブメントによって微妙に機能が異なります。MMT-285を採用している「ジェンツ クラシック」のみ通知機能がないのでご注意ください。定価は10万円台ですが、通販サイトでは5万円程度で買えるものもあるようです。

ディライト ノーティファイ(MMT-281)
ジェンツ ノーティファイ(MMT-282)
ジェンツ クラシック(MMT-285)

クラシック ハイブリッド マニュファクチュール

基本的にすべて革バンドを採用しており、高級感あふれるデザインになっています。価格は40万円台と高めですが、機械式の時計としては一般的な価格帯です。

まとめ

フレデリック・コンスタントは歴史が浅い分意欲的な製品を開発しやすい一面があり、革新的な製品を売り出し続けています。今回紹介した製品も、当時はまだ珍しいハイブリッドスマートウォッチと初の機械式を実現したモデルと、両方画期的なものです。スイス時計だけに完成度は高いため、新しい時計に興味がある方にはフレデリック・コンスタントの製品がオススメです。

また最近も、MMT が光発電のモジュールを発表したり、子会社のアルピナが心拍機能付きのハイブリッドスマートウォッチを発表したりと、開発が盛んに続けられています。今後もフレデリック・コンスタントが新しいハイブリッドスマートウォッチを発売することが期待されます。要注目です。

フレデリックコンスタント オロロジカル スマートウォッチ ジェンツ ノーティファイ 腕時計 メンズ FREDERIQUE CONSTANT 282AN5B4[並行輸入品]
Frederique Constant(フレデリック・コンスタント)

 

スペック一覧
ディライト ジェンツN ジェンツC マニュファクチュール
電池持ち 2年以上 4年以上 2年以上 7日以上
防水 3気圧 5気圧 5気圧 5気圧
秒針 × × ×
日付確認
活動トラッキング
睡眠トラッキング
心拍測定 × × × ×
通知機能 × ×
カメラシャッター × × × ×
音楽プレーヤー × × × ×
スマホ紛失防止 × × × ×
目覚まし ×
ディスプレイ × × × ×
価格 10~17万円 10~14万円 13~16万円 43~48万円
参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました