光を活かした通知にこだわりあり。ヴェルトのハイブリッドスマートウォッチ紹介

今回紹介するのはハイブリッドスマートウォッチとしては黎明期の2014年から発売されている日本の機種の紹介です。その企業は「ヴェルト」。新興企業ながら独自の信念を持ち開発を続けています。

ヴェルト(Veldt)の紹介

ヴェルトは2012年創業のベンチャー企業です。手首のIoT機器に着目し、2014年にハイブリッドスマートウォッチ “SERENDIPITY” を発売しました。アップルウォッチとウィジングス Activite の発売が2015年なので、スマートウォッチを先どった画期的な製品でした。

VELDT

出典:DiFa

そんなヴェルトの根底にあるのは “Connected & Beautiful” という哲学です。テクノロジーの進歩で便利になった一方で、情報やスマートフォンによる問題が顕在化しています。ヴェルトの製品・サービスによってテクノロジーとの付き合い方を革新したい、そして自分らしい時間をすごしてほしいという意味合いが込められています。

Riiiver

出典:CITIZEN

ハイブリッドスマートウォッチを発売しているヴェルトですが、近年はサービスにも力を入れようとしています。”Riiiver” というサービスを発表しました。アプリやスマートホームと連携するIFTTTと似たイメージで、シチズンと連携して進めていくとのこと。さらに現在開発中のハイブリッドスマートウォッチの製造・販売の一部をシチズンが担う旨の発表も行っています。

大きな後ろ盾を得ながらウェアラブル機器から新たなサービスまで意欲的に取り組んでいくヴェルトに今後も期待です。

製品紹介

製品は現在三種類発表されており、そのうち二種類は現在未発売となっています。

SERENDIPITY

veldt-Model CX

出典:Veldt

2014年に発売されたヴェルトのハイブリッドスマートウォッチです。時計としての作りこみにこだわりがあり、ベルトも厳選した素材を使って作られています。

ハイブリッドスマートウォッチとしての特徴としては、ヴェルトの哲学を体現している通知機能のわかりやすさが挙げられます。ヴェルトはディスプレイが付いているため、通知が来ただけでなく内容も読むことができます。さらに、ヴェルトには文字盤にLEDが搭載されており、円状に光ります。色を指定することで通知元のアプリを直観的に知ることができます。

さらに、天気予報機能は色を見ることで簡単に確認することができます。円を時間に見立て、時間ごとの天気を確認することができます。このように、SERENDIPITY によってスマートフォンと見ずとも必要な情報を確認できるように作られています。

Veldt Notification

出典:Veldt

次に機能一覧を見ていきます。

着信通知、メール、SNSの他iOSの通知センターで設定可能な全てのアプリからの通知機能・スケジュール・世界時計・天気予報・コンパス・ タイマー・活動量計およびスマートフォンの置き忘れ防止機能・MIP(Most Important Person)機能(公式ショップより引用)

全体の印象としては、普通のハイブリッドスマートウォッチに近いものとなっています。歩数計や睡眠トラッキングといった簡単なアクティビティ機能、そして通知やスマホ紛失防止機能など、ベーシックな機能は揃っています。また、コンパス機能があるのは珍しく面白いです。

一方でアラーム機能がなかったり睡眠時にはボタンでモード切替する必要があったりと、微妙に手が届いていない部分もあります。とはいえ、2014年発売と考えると画期的な機種だったのではないでしょうか。また、ディスプレイが付いているためバッテリーは1週間と短めなことには注意してください。

LUXTURE

Veldt LUXTURE

出典:Veldt

2019年度中に発売予定となっている機種です。LUXTURE も光の表現に力を入れています。ディプレイはないため、バッテリー持ちが期待できそうです。また、LUXTURE の機能で気になるのは Riiiver への対応です。

Riiiver の詳しい発表がまだされていないので推測になりますが、時計の操作によって電気をつけたりSNSに投稿したりと、スマホを使わないで実現できることの可能性が広がるはずです。

 TOUCHWEAR

間もなく発売開始のスマートバンドで、SERENDIPITY とセットで販売されるようです。4gの小さいFeliCaチップが内蔵されており、モバイル決済(楽天Edy)が可能となっています。また、チップ部分を取り出して別売りのリストバンドに入れることで、単体でも使えるようです。

製品一覧(SERENDIPITY)

ここでは現在発売中である SERENDIPITY の種類を紹介します。全部で主に6種類に分類できるのですが、公式ショップに載っていたのは3種類でした。現在は販売終了した機種もあるようです。

販売中

Model CX

お手軽モデル。価格は6万円台です。

Model RX

ミドルレンジのモデル。価格は11万円程度です。

Model VX

最上位機種です。定価は約18万円です。

販売終了

販売終了とはいえ、通販サイトではまだ多くの機種を買うことができるようなので紹介します。

Model C
Model R
Model V

まとめ

ヴェルトは2014年に他企業に先駆けてハイブリッドスマートウォッチを発売しましたが、その後新製品を出していないため性能が物足りなくなりつつあります。しかし、ヴェルトはシチズンと連携を深め、さらに新製品を2019年度中に発売することを発表しました。積極的に新しいことに取り組む今年のヴェルトに注目です。

 

スペック一覧
  SERENDIPITY
電池持ち 約1週間
防水 〇(IPX7)
秒針 ×
日付確認
活動トラッキング
睡眠トラッキング 〇(開始は手動)
心拍測定 ×
通知機能
カメラシャッター ×
音楽プレーヤー ×
スマホ紛失防止
目覚まし ×
ディスプレイ
価格 6~18万円
参考文献

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク