ファッションと機能の両立 -フォッシルグループの戦略と性能紹介-

ハイブリッドスマートウォッチの世界で一際大きな存在感を放っている会社がいます。それが「フォッシル」です。フォッシルグループから発売されているハイブリッドスマートウォッチはなんと100種類以上に上ります。ここではハイブリッドスマートウォッチを選ぶにあたって必ず突き当たるフォッシルグループとは何者なのか紹介します。

フォッシルの戦略

フォッシルの戦略は、開発から販売までを自社で行い提携先にその技術を提供することです。つまり、提供を受ける会社からすると、アプリやハードの基礎部分はすでに出来上がっているため、デザインに力を入れて作ることができるということになります。2016年、フォッシルは7種類のブランドを携えて日本に進出しました。そのときに発売したハイブリットスマートウォッチとトラッカーは何と107種類。現在も各ブランドが積極的に新作を発表し、種類はさらに増え続けています。

フォッシルが提供するハイブリットスマートウォッチを見てみると、先ほど紹介した狙いの通り、デザインが本当に多彩で会社ごとに個性豊かな製品が出されていることがわかります。例として3機種を挙げてみます。

一つ目がカジュアルなデニムや時計を多数売り出しているディーゼルです。二つ目はデザイナーのケイト・スペードが立ち上げたケイト・スペード ニューヨーク。三つ目が高級スーツで有名なエンポリオ アルマーニとなっています。それぞれが全く印象の異なる時計であることが見てわかると思います。このように、各企業が個性を生かしたハイブリッドスマートウォッチを売り出すことで、カジュアルからビジネス、そして男女それぞれの多様な需要に応えられるようになりました。

ここからは蛇足ですが、フォッシルはアクティビティトラッカーとWear OSのスマートウォッチでも、同様の戦略を取っています。特にスマートウォッチはディスプレイが必須なためデザインで個性を出しづらいため、どのようにファッショナブルなスマートウォッチを作っていくのか注目です。

ハイブリッドスマートウォッチの性能

フォッシルが各企業にハード部分を提供しているため、どの商品も基本的にほぼ同じ機能となっています。ここではその性能の具体的内容を紹介します。全体的な印象としては、「平均的なハイブリッドスマートウォッチ」です。フィットネストラッカーとしての機能、スマートウォッチとしての機能、そして電池持ちの3つがバランスよく実現されています。

フィットネストラッカーとしての機能

ハイブリッドスマートウォッチではおなじみの、アクティビティトラッキングと睡眠トラッキングが付いています。一方防水性能に関しては生活防水程度(3気圧)の機種が多いため、水泳などアクアスポーツをするときは注意が必要です。

スマートウォッチとしての機能

スマホと連携して使う機能は、通知機能、音楽の再生コントロール、自撮りシャッターボタン、スマホを探す、アラームと充実しています。これら機能は他のハイブリッドスマートウォッチには搭載されていない場合もあるので、シンプルなスマートウォッチとして使いたい場合にはフォッシルグループのハイブリッドスマートウォッチがいいかもしれません。

その他

電池持ちは良いです。ボタン電池となっており、4~6ヶ月程度持ちます。価格は1万円台から5万円以上まで幅があります。機種やブランドによって異なっているので、調べてみてください。

まとめ

フォッシルグループのハイブリッドスマートウォッチはとにかく数が多くデザインも多彩です。デザインにこだわりのある人でも納得のいく一品を見つけることができるのではないでしょうか。また、現在も精力的に新製品を出し続けているので、今後も要注目の企業です。

スペック一覧
フォッシルグループのハイブリットスマートウォッチ
電池持ち 4ヶ月~1年
防水 △(生活防水程度が多い)
秒針 ×
日付確認 △(針で確認できる機種あり)
活動トラッキング
睡眠トラッキング
心拍測定 ×
通知機能
カメラシャッター
音楽プレーヤー
スマホ紛失防止
目覚まし
ディスプレイ ×
価格 製品によって様々

アイキャッチ出典:https://www.fossil.com/jp/ja/wearable-technology/smartwatches/hybrid-smartwatches.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク